肝心なものは目に見えない
by ayumi-favola
-BiancoFilmFestival-
f0129406_040629.jpg

Alcuni giorni fa ho collaborato con la “BiancoFilmFestival” di Perugia per la traduzione del film giapponese “il ladro di bicicletta del Giappone”. Anche grazie al ben fatto sottotitolo inglese, il lavoro è andato liscio. Poi , per caso, ho fatto vedere agli organizzatori della Festival alcuni miei disegni. Siccome gli sono piaciuti, hanno deciso di utilizzarli per il book della BiancoFilmFestival.
Questo disgno è uno della seria dei 4 disegni che sono stati selezionati nel concorso di Riccione un’anno fa. Visto che il tema era “Acqua”, ho creato una storia d’amore triste ambientata al mare. Quest’anno, “Terra” è il tema del concorso, ma sto ancora pensando che cosa disegno.

先日、ペルージャでおこなわれる「BiancoFilmFestival」という映画祭を企画する友人から頼まれて日本映画「日本の自転車泥棒」の字幕をイタリア語にする仕事を手伝いをしました。すでにうまく訳してある英語の字幕があったので仕事はスムースにいきました。そして、その友人に偶然私のイラストを見せたところ気にいってくれ、彼らの冊子のアニメーション部門に使ってくれました。
この絵は1年前リッチョーネのコンクールに応募して入選した四部作の一つです。水がテーマだったので海を舞台にした悲しい恋の物語を作りました。今年は土がテーマですが、何を描こうかまだ考え中です。
f0129406_0403352.jpg
f0129406_040519.jpg

[PR]
by ayumi-favola | 2007-06-15 00:42 | イラスト/ illustrazioni | Comments(17)
Commented by mahalotakashi at 2007-06-15 09:59
かなり入念に描きこまれた味わいのある作品ですね。
波のうねりの感じがとてもいいです、もう少し大きい画面で見てみたい!
次回作は、土、これも期待大!首を長くして待ってまぁ~す(笑)
 ところで、<BiancoFilmFestival> ビアンコ、と言えばイタリアワイン
しか頭に浮かばないイボイノシシとしては、初めて聞く映画祭の名前ですが、ユニークで面白そうですね。
Commented by ayumi-favola at 2007-06-15 16:50
イボイノシシさん>現物はA3(ノート2枚分)の大きさです。ところどころに千代紙が使ってあって、アクリル絵の具で濃厚に描かれています。これは印刷物をさらにスキャンしたのでかなり質が低下していますが、ターコイズ・ブルーの色は結構再現できています。
このフェスティバルは今年で5回目、5分や10分の短編も取り扱っているので新人アーティストがたくさん応募してきます。「ototoi」のウーゴも応募したのですがア-ティステック過ぎてダメだった用です。
Commented by Floriano at 2007-06-16 00:27 x
Cara Ayumi, volevo proprio vedere la tua mostra. Non so quando verrò a Perugia la prossima volta. Teniamoci in contatto per la mostra da organizzare a Milano e per la casa editrice. mata ne, Floriano yori
Commented by ayumi-favola at 2007-06-16 05:04
花男さん>Mi dispiace che nn puoi vedere i miei disegni.
A proposito a Chioggia inizierà dal 1 luglio un'altra mostra collettiva in cui ci sono i miei disegni slezionati dal comitato TEATRIO. Cmq il 30 giugno vado alla'innaugrazione, scriverò nel blog come è questa mostra . OTANOSIMINI!
Commented by shiawase-kidori at 2007-06-16 17:43
水なのに温度を感じる海、素敵だなぁと思いました。悲しいのにどことなくあたたかい感じも^^
  さっそくSCOTTさんのホームページを拝見させていただきました!教えていただいてありがとうございます。素敵なギャラリーで、興味津々です☆
Commented by ayumi-favola at 2007-06-17 04:25
shiawase-kidoriさん>素敵なコメントどうもありがとうございます(感激です)。このお話は、海女と海蛇が道ならぬ恋に落ち、神様の怒りを買い罰せられるのですが、哀れに思った神様が二人がともにいられるよう海女を真珠貝に、海蛇を岩島に変えてしまいます。海女は人間だった頃を懐かしみ涙するとそれが真珠になったとさ・・・・と言うお話なので悲しいけれどハッピーエンドなわけでもあります。
SCOTTさんは常時作家さんを探しているようなので作品を持っていけば、みてくれますよ。よかったらトライしてみてください。
Commented by uyuyus at 2007-06-17 06:52
綺麗な絵ですね、群青と緑青・・・水のうねりと透明感、好きな色たちが使われていて見惚れてしまいます。岩絵の具で描いたら物質感と相まって面白いかもしれない、勉強させてもらいます。
物語は日本の昔話ですか、二人はずっと一緒にいられるわけですね。人魚の涙が真珠になるとかいう伝説もありますし、真珠って物悲しさを感じさせるのでしょうね。きっと・・・
Commented by ayumi-favola at 2007-06-17 22:54
UYUYUSさん>ロミオとジュリエッタとかパオロとフランチェスカのような道ならぬ恋の物語とオウィディウスの変身物語を混ぜて日本の伝説のような形にして、タイトルは「真珠島」としました。
青の色は気にっているのですがべったりした感じが納得言っていません。さらっときれいにいきたいのですが・・・・・
Commented by hitter仮面 at 2007-06-18 21:06 x
うみへびさんは擬人ですか、そのまんまへびですか??
今年のテーマは土ですかぁ。DEMETERっていう、寿司とかカレーとか蛍とか笑える香水を作るメーカーが土の香りの香水を作ってました。
それって放線菌とバクテリアが有機物を分解する匂い…?と私は嫌な解釈をしたのですが、どんな風に描かれるのでしょうか。がんばってくらはぁい♪
Commented by ayumi-favola at 2007-06-18 23:39
HITTER亀さま>彼女があわび取りをしているときに、彼が恋してしまい、男の子に姿を変え彼女に近ずき、そうとは知らない少女は彼に恋してしまうのです。だから神様は、海蛇だけを罰しようとするのですが、離れ離れになりたくない彼女がどうぞ私もいっしょに罰してください、というなりゆきでございます。土っていうと種とか金貨が埋まってるとか、でもなんだか色がすでに絵にしずらいです。何か皆さんアイデアくださーい!
Commented by アサノ at 2007-06-19 08:41 x
素敵な絵、素敵な展覧会、さすがイタリアだね。
『中上級のにほんご』の読者からも表紙のコメントがきています。
「毎月届くのを首を長くして待っています。表紙のレイアウト、デザイン、日本情緒・雰囲気を醸し出す絵の選定とその色彩。どれをとっても素晴らしいです。もちろん、内容についても、シンプルにして簡潔、もうこれ以上削ぎおとすことができないほど、よく仕上がっていると思います。」
うれしいね!
Commented by アサノ at 2007-06-19 08:43 x
あ、言い忘れ。
土といえば、私は、栄養がどっちゃり詰まっているっていうイメージがあるな。
Commented by おかめ at 2007-06-19 14:50 x
日本画やテンペラ用の土製顔料を使ってみるのも面白いんではないでしょうか。アクリルとの併用も容易ですし☆
私は最近土の健康効果や顔料染料としての安全性について調べるために色々しているので、土を利用する側として話を考えがちです。
引っ込み思案で心優しい陶芸師とテラコッタ達の奮闘の話やら、土の浄化作用で病気を治すために土に埋められた子供が不思議を見る話やら。
がんばれぇい☆
Commented by ayumi-favola at 2007-06-19 17:00
浅野さん>嬉しいコメントありがとうございます。売り上げ増に貢献できるよう今後も頑張ります。
ところでそろそろ8月号の絵を決めねば・・・・雷神なんてどうでしょうか。ネタはやっぱり宗達ですけど。
Commented by ayumi-favola at 2007-06-19 17:11
HITTER亀さま>マチエールで土ですか。それも手ですね。あっそうだ、君も参加すればいいじゃないの!締め切りは9月で、4枚一組、A3の大きさ縦横は自分の好きなように。あっそれか、鶴亀でやってもいいかも・・・詳しくは後ほど。
Commented by uyuyus at 2007-06-23 20:50
土の感触て久しく感じてないなあ、はだしで柔らかい土の上を歩くと気持ちいいですよね。もともと靴なんて無かったのだから、身体は土の感触を求めているんだろうなあ。子供の頃は土や砂で汚れるのも気にならなかったのに、大人になるとどんどん土から離れてしまう。そんなことを思い出せる芸術があったら面白いかもね。
Commented by ayumi-favola at 2007-06-27 03:32
UYUYUSさん>お返事遅れてすみません。ここに、コメントが入っているのに気がつきませんでした。

そうですね、そんな感じの絵本も素敵ですね。はだしでペタペタみたいな、小さい子ども向きのお話も可愛いですね。昔話風にもすてがたいし、まだこれと言うものが見つかっていません。
<< -i miei allievi... -LUNE DI PRIMAV... >>


カテゴリ
全体
日々雑感 / pensieri
イラスト/ illustrazioni
絵本/ favole
展覧会 /mostre
本/ libri
competition
youtube
workshop
theater

以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

お気に入りブログ
イタリア子連れ放浪記
yuki kitazum...
(旧)ほたテン日誌。
ヴェネツィア ときどき ...
ぼーくま日記
SPONGE HOLE
Yamyam町一丁目
のんびりtime♪
LOOTONE
メイクカフェブログ
オルガニスト愛のイタリア...
イタリアの風:Chigu...
石玉サコ 作風簡易見本帳
おいしいジェラート屋さん...
* Avanti * ...
こまくさシニアライフ
ほたてん日誌
浅野陽子の日々
smilemade&ha...
カマクラ ときどき イタリア
上空3000フィート、地...

お気に入り

最新のコメント
気にしないで―!また会い..
by ayumi-favola at 02:16
ごめんなさいm(__)m..
by ヒグママ at 21:52
いつも応援ありがとうござ..
by ayumi-favola at 09:50
あゆみさん、ご活躍おめで..
by atystojo at 10:33
え―、大変でしたね、今日..
by ayumi-favola at 18:38

画像一覧