肝心なものは目に見えない
by ayumi-favola
SPAZIOFOBIA<2> - 空間恐怖症<2> -
f0129406_19512495.jpg


f0129406_2156128.jpg


f0129406_19522377.jpg
Invece adesso, dando una maggiore importanza allo spazio (prima ero più vicina allo stile naif), sono attratta dai quadri in cui i pittori prediligono gli spazi vuoti esaltandone la bellezza. Allora sono arrivata alle opere della pittura giapponese (in genere i pttori giapponesi ritraggono spazi vuoti, soprattutto Tawaraya Soutatu (1558-1642), Ogata Kourin (1658-1716), e la Scuola kouriniana).
Di genere un po’ diverso, ma altrettanto belli sono gli spazi raffigurati nei quadri dell’americano Andrew Wyeth (1917).

Jetzt hingegen, da ich dem Raum einen grӧßere Bedeuitung beimesse (früher lagen meine Bilder nӓher an der Naiven Malerei), bin ich von den Bildern fasziniert, in denen Künstler “den leeren Raum” bevorzugen, wodurch die Schӧnheit hervorgeheben wird. Nun bin ich also bei den Werken der japanischen Malerei angelangt. Im Allgemeinen bevorzugen die japanischen Künstler den "leeren Raum", vor allem Tawaraya Soutatu (1588-1642), Ogata Kourin (1658-1716) und die gesamte, nach ihm benannte Kourinische Schule.
Einem etwas andren Genre angehӧrend, aber auch schӧn, sind die in den Bildern des amerikanischen Andrew Wyeth(*1917 ) dargestellten leeren Rӓume.
(many thanks to Viola & Alexsandra)

そして、最近は空間を計算して描くということに興味をもちはじめ、(以前は非常にナイーフ的に描いていました。 )“余白の美”に惹かれるようになりました。すると、おのずと日本画、特に俵屋宗達(1558 -1642 )、尾形光琳(1658-1716 )、琳派に行き着いてしまったわけです。
それからタイプはちょっと違いますが、余白の美ということでアメリカ人のアンドリュー・ワイエス(1917-  )も参考にしています。
[PR]
by ayumi-favola | 2007-03-29 22:00 | イラスト/ illustrazioni | Comments(6)
Commented by hitter亀 at 2007-03-29 23:49 x
こにゃにゃちわ~☆あゆみしゃん。
わたしの場合、光琳とワイエスの、凝ってなさそうなとこにめっちゃ凝ってるとこに地味~な意地を感じて好きですよ~。

光琳の梅とか、金泥で描いているのに金箔貼ってるように見せるところとか、
まぁ、日本画の膠では金箔の上だと、書き込みし辛いので金泥で描く必要があってのことなのですが、、、
楽しんでちまちましたことをやって、歌舞いた大柄な絵に見せてどう?粋だろ?みたいなところが、親近感が湧きません?

ところで、ペルージャのサンピエトロ教会に作者忘れましたけど、たくさんお坊さんがいる絵がありましたよね??
あれもそうとう空間恐怖症というか、集団の迫力というか、キテますよね~~!

Commented by Floriano at 2007-03-30 00:18 x
Cara Ayumi, mi piacciono molto le immagini di questi "byobu". Mo hanashoubu ga totemo suki desu! Posso sentire la tua energia positiva e la tua sensibilità allegra ma un pò malinconica. Grazie per aver detto a Maria di venire alla mia conferenza sul "mono no aware" del Castello Sforzesco, ero felice di vederla, è stata una bellissima sorpresa. E grazie della bella foto di Perugia sul tuo blog, il panorama da Piazza Italia... Perugia, la mia piccola Perugia addormenata, è sempre nel mio cuore. Sono felice di tornarci per Pasqua e rivedere la mia famiglia. Mata ne, Floriano yori
Commented by ayumi-favola at 2007-03-30 17:11
hitter亀さん>ヨーロッパの宗教画は基本的に空間恐怖症命ですよね。
宗教的寓話や聖人の羅列といったメッセージ盛りだくさんの世界を形成していると思います。光琳も36歌仙の絵では若冲の群鶏のようになってます。何かこの人は誰とか、このお話は何、なんてあてっこするのが楽しいんだよね、きっと。 "ウォーリーをさがせ!"みたいなもんだね。
Commented by ayumi-favola at 2007-03-30 17:22
Florianoさん>Grazie per il commento!
Recentemente ho disegnato 4 immagini di Sei Shyounagon, quando vievi a Perugia te le faccio vedere! A presto!
Commented by 浅野陽子 at 2007-04-02 23:33 x
なるほど~、たしかに日本画は空間が大切な要素だといいますね。若冲をみると、なんとなく日本画的でないものを感じるのは、そのためかな?最近のあゆみさんの『中上級のにほんご』の表紙、日本画的だよね。4月号、とってもいいよ。
Commented by ayumi-favola at 2007-04-03 05:04
浅野さん>お褒めの言葉ありがとうございます。今日、五月号用の絵"金太郎と鯉"が完成しました。どんな絵か興味のある方"中上級のにほんご"のホームページを見てくださいね!
<< IL PICCOLO PRIN... 空間恐怖症<1> ... >>


カテゴリ
全体
日々雑感 / pensieri
イラスト/ illustrazioni
絵本/ favole
展覧会 /mostre
本/ libri
competition
youtube
workshop
theater

以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

お気に入りブログ
イタリア子連れ放浪記
yuki kitazum...
(旧)ほたテン日誌。
ヴェネツィア ときどき ...
ぼーくま日記
SPONGE HOLE
Yamyam町一丁目
のんびりtime♪
LOOTONE
メイクカフェブログ
オルガニスト愛のイタリア...
イタリアの風:Chigu...
石玉サコ 作風簡易見本帳
おいしいジェラート屋さん...
* Avanti * ...
こまくさシニアライフ
ほたてん日誌
浅野陽子の日々
smilemade&ha...
カマクラ ときどき イタリア
上空3000フィート、地...

お気に入り

最新のコメント
気にしないで―!また会い..
by ayumi-favola at 02:16
ごめんなさいm(__)m..
by ヒグママ at 21:52
いつも応援ありがとうござ..
by ayumi-favola at 09:50
あゆみさん、ご活躍おめで..
by atystojo at 10:33
え―、大変でしたね、今日..
by ayumi-favola at 18:38

画像一覧