肝心なものは目に見えない
by ayumi-favola
promotion
Aiuto a fare la promozione del torcolo di San Costanzo
per il forno di Fontana (panetteria del papa di Cristina).
Perciò sto preparando degli omaggi per i clienti e la decolazione.

近所のパン屋「フォンターナ」さん(去年も紹介したクリスティーナの
お父さんのパン屋さん)のために
1月29日に殉死したペルージャの聖人「san Costanzo」
の記念日にペルージャ中で作られる「torcolo」というパン菓子
のプロモ―ションをすることになりました。
下の写真はそのために準備しているものです。
詳しくは次回にて!

f0129406_5574148.jpg
f0129406_558062.jpg
f0129406_5585145.jpg

La storia del torcolo di San Costanzo:
il Torcolo di San Costanzo, dolce a forma di anello, simbolo di unione di tutti i fidanzati che si rivolgono al patrono. E' un dolce tipico di Perugia, che una volta veniva preparato soltanto per il giorno della festa del Santo, uno dei tre patroni della città e del quale si ricorda il martirio il 29 gennaio. Per tale motivo, San Costanzo è detto il Santo "della gran freddura". Il nome del dolce deriva, secondo la tradizione popolare, dal fatto che San Costanzo fu decapitato e nella ricomposizione del suo corpo, per nascondere il segno del martirio, venne posta sul collo una corona di fiori. Questo tipo di torcolo ricorderebbe appunto tale atto pietoso e questa corona di fiori.
La tradizione vuole che il giorno della festa di San Costanzo le ragazze in età da marito vadano nella chiesa a lui dedicata, appena fuori le mura, all'inizio di Via Romana, perché se il Santo strizza l'occhio si sposeranno entro l'anno.“ S. Costanzo dall’occhio rotondo famme l’occhietto sinnò n’ciartorno”.
E' un dolce particolarmente gradevole, appetitoso, con un delicato gusto di anice, il cui impasto di base è la pasta di pane, arricchita da olio, burro, canditi, uvetta e anice.
f0129406_617485.jpg

f0129406_619184.jpg

[PR]
by ayumi-favola | 2012-01-09 05:59 | 日々雑感 / pensieri | Comments(4)
Commented by hitterおかめっち at 2012-01-09 21:12 x
よろっぱもけいざいたいへんで心配してます。がんがれイタリア。
ちょうちょかわいいです!かざりもすてきだ。ペルージャのお菓子香料が独特でうまいよー。九州のお菓子はよろっぱの素朴なお菓子が元になっていたりするので親近感があるんですよね。
最近いも飴にはまってて、麦芽から作る方法を模索してます。いも飴で銀歯が取れる、歯が抜ける、黒くなるは九州限定あるあるなのねー。軒下の縁台を「ばんこ」というのもあるあるなのよー。鉛白の粉をアクリル樹脂で固めたりポリエステルに練ったら廃棄や再利用で鉛白取り出せるかなー 繊維にするってどの程度熱を持つものなんだろう 安全性を絶対的に確保できるものかとか 知りたいことやりたいことだらけ。何を作るにしても町のお菓子屋さんのようにいつも顔を合わせる人が「食べて体を作る」ものを作る気持ちで作るべきだと思うんだけど、なかなか難しいです。
Commented by ayumi-favola at 2012-01-09 22:30
hitterかめさま>ここのパン屋さんはオーガニック小麦で
作られていてちゃんとパンの味がします。
いもあめと言えば私の田舎鳥取でも芋水あめが有名。
おいしいよね!

お店の飾りつけはもう済んだので次回アップしますね。
Commented by smile-made at 2012-01-10 11:09
帰国する時にパン買ってこれたらお願いしたいなぁ・・・
Commented by ayumi-favola at 2012-01-11 04:25
reina > ok!!
<< 新年お食事会 i piatti... Micha >>


カテゴリ
全体
日々雑感 / pensieri
イラスト/ illustrazioni
絵本/ favole
展覧会 /mostre
本/ libri
competition
youtube
workshop
theater

以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

お気に入りブログ
イタリア子連れ放浪記
yuki kitazum...
(旧)ほたテン日誌。
ヴェネツィア ときどき ...
ぼーくま日記
SPONGE HOLE
Yamyam町一丁目
のんびりtime♪
LOOTONE
メイクカフェブログ
オルガニスト愛のイタリア...
イタリアの風:Chigu...
石玉サコ 作風簡易見本帳
おいしいジェラート屋さん...
* Avanti * ...
こまくさシニアライフ
ほたてん日誌
浅野陽子の日々
smilemade&ha...
カマクラ ときどき イタリア
上空3000フィート、地...

お気に入り

最新のコメント
あゆみさん、ご活躍おめで..
by atystojo at 10:33
え―、大変でしたね、今日..
by ayumi-favola at 18:38
かおるが脳梗塞((ラクナ..
by ヒグママ at 22:04
男の子と私が全く同じポー..
by ayumi-favola at 03:49
あゆみちゃんが写ってる!..
by ひヒグママ at 05:35

画像一覧